急な出費に便利なカードローンを利用する際に知っておきたい注意点など

カードローンと保証会社

金融機関などから、ある程度まとまった金額の融資を受ける場合、
返済が不可能になった場合のことを考えて、担保を取ったり
借り手の代わりに、借金を支払う保証人を求められるのが一般的です。

カードローンでの融資においては、その手軽さ利便性の高さが大きな特徴でもあります。
借りるたびに担保や保証人を求めているようでは、
利便性が良いとは言えなくなりますし、そもそも保証人や担保を用意するというのは難しいことです。

では、カードローンでは保証人にあたる役割をはたす存在がないのかというと、
そういうわけではなく、借り手が保証人を用意しなくてよいかわりに、
融資する側が保証会社を用意しているのです。
保証会社とは、借り手が用意する保証人の代わりになる会社のことを言います。

保証会社の審査も行われる

具体的に説明すると、カードローンの場合はあらかじめ
利用者が会社に融資の申し込みを行います。
そこでカードローンを行っている会社がまず審査を行い、
借り手に返済能力があるかないかを確かめた後に、保証会社に審査を依頼します。

保証会社の審査も行われる

そして保証会社がもほぼ同様の審査を行い、
借り手に返済能力があるかないか確かめ、返済が可能であると認識されると
契約が成立してカードローン専用やサービスが付属しているカードが利用者の手元に送られ、
それを利用することで借金をできるというわけです。

保証人と保証会社の違い

保証会社とはこのように保証人の代わりとなって、
融資の際の手助けをしてくれるのですが、
一般的な保証人と違うのは問題が起きた際の対応です。

両者とも借り手が返済不可能に陥った場合は、代理で債権の返済を行うことに変りはありません。
保証人は借り手が用意したわけですから、親族や家族、知人などといった、
なにがしかの繋がりのある人物が、同等の債務を請け負うことになります。

保証会社の場合は債権が保証会社に移るという形式になり、
赤の他人である会社が、借り手に対して債務の取り立てを行うことになります。

借り手が返済不能となった場合

Main Contents